Monday, October 20, 2014

どうしたら予防できるのか?

食中毒はどうしたら予防できるのかについて考察します。食中毒とは、食品についているウィルス等が体内に入り込むことによっておこります。

夏場や冬場に多く、いったん症状を起こすとひどい場合は起き上がることすらできなくなります。では、どうすれば防ぐことができるでしょうか。

まず、当然のことながら手をよく洗うことが重要です。手にはさまざまな雑菌がついており、食事をしたりする際に必ず体の中に入ってきてしまいます。

体が健康であれば問題を起こさないケースもありますが、体が弱っているときや疲れているときには特に食中毒が発症しやすくなります。

手洗いをきちんと行えば、かなりの雑菌を抑えられることが証明されています。まずは日ごろの習慣から見直すことが大事です。

次に、危険性のある食品を口にすることを控えることです。冬場の食材として知られるカキなどは大変美味ですが、食べ過ぎるとあたる可能性があります。

また、夏場に生魚や生肉などを口にすると、やはりこれもあたる可能性があります。危険性がある食べ物については調べ、避けることが重要です。

食中毒を予防するのは、日々の心がけ次第です。ちょっとしたことに気を付ければ、回避することができるのです。

あと、ウイルスや菌が体の中からでるまでは、下痢は無理にお薬で止めようとしない方が良いと聞きますよ。